直線上に配置
旅行記 サンフランシスコ⇔ラスベガス・グランドキャニオン
(サンフランシスコの続き)
その国内線TED1505便は午後1時にラスベガスに到着しました 気温40度(熱)5年ぶりです 空港からホテル街(ストリップ)まではご存知の方も多いと思いますがすぐ近くです それぞれ個性を競った建物(ホテル)が懐かしく思えました 前回は「ニューヨーク・ニューヨーク」でした 今回は「ザ・ミラージュ」を予約してあります 実はチェックインの際にトラブルがありました アシスタントのオバちゃんがショボくって 二部屋同じ階が取れない 禁煙部屋じゃないなど 入った部屋が電話が壊れていて また違う部屋をリクエストしたりで 結局落ち着くまでにたっぷり一時間位掛かってしまいました 『おかげでギャンブル運から見放された!』(爆)

さて今回何故「ザ・ミラージュ」をチョイスしたのか 実は最近レストランが改装されまして ベガスいちのバッフェ(日本流に言うとバイキングスタイル)と有名になっているそうです 早速夕食を取りに行って見ました 入り口でひとり20$払います テーブルまで案内してくれます ゆったりと落ち着いた雰囲気のフロアです 驚くことに世界中の料理があるのです 和(すし・そば・てんぷら・味噌汁・・)洋(フランス・イタリア・スペイン・メキシコ・・)中(ふかひれ・北京ダック・・)他・・ 何でもありました 量も半端じゃなくステーキなんか一人前の大きさでした 若い人はたくさん食べれるし 我々はちょこっとずつ色んな物が食べられます 絶対お得ですね さてお腹も膨れたのでギャンブルに戦闘開始・・

ちょっとだけスロットやりました と言うのも8時からショーの予約が入れてあります 今回は「スプラッシュ」ホテルからタクシーで北へ数分「リビエラ・ホテル」に劇場はあります とても素敵な面白いショーだったことだけお伝えして 詳しい内容については権利の問題がありますので割愛させていただきます そのリビエラホテルはランクが少し低いこともあって カジノのレートが全体に低かったです 私たち大衆向けみたいですね ここでたっぷり遊ぶことができました ラスベガスでもうひとつのお楽しみは無料で楽しめるエンターテイメントでしょう 各ホテルがテーマを持って繰り広げる「噴水ショー」「海賊ショー」「噴火ショー」などたくさんあります 勿論ダウンタウンにある「フリー・モント・ストリート・エクスペリエンス」などはあまりにも有名ですね 私たちは前回来たときにほとんど網羅しました

翌日です この旅行のハイライト「グランドキャニオン1日観光」です お昼前にホテルをピックアップしてもらって ローカル空港へしばらくロビーで外を眺めていると『ひょっとしてあの飛行機に乗るの?』一同『・・・・』見るからに「蚊トンボ」みたいな・・・ 案の定それでした乗って分かったのですがそれでも18人乗りでした 決して快適とは言えない空の旅景色は
あの有名な「フーバーダム」そして「グランドキャニオン」「蚊トンボ」に乗らなければこれらは決して見られない 素晴らしいものでした 地上からはビュー・スポット「ヤバパイ・ポイント」からの景色は改めて雄大でしたね 行列を並んで食べたアイスクリームも美味しかったです

途中ガイドが私たちだけに言いました「帰りの飛行機が一便後ですからゆっくり観光してください」おかげで博物館を見たり結構色んな散策ができました 実はこれが大きなトラブルだったのは後で気が付きました その「蚊トンボ」飛行場で「すみませんオーバーブッキングでお客様たちだけ一便後にしてもらいました」と所長が最敬礼です「お詫びに・・・」ひとり50$現金で返金してくれました 何だかキツネに摘まれたような まあ『ラッキー!』結局帰りが夜になってしまいました おかげでラスベガスの夜景をたっぷり堪能することに 更に到着したら今度はマネージャーが「誠にすみません お詫びに・・・」行きに撮った写真を無料で ティーシャツを一枚ずつプレゼント 更に豪華リムジンでホテルまで送っていただきました 大変良い思いをしたグランドキャニオンでした

帰りは早朝ラスベガスを出発ロサンゼルスで国際線成田まで 更に国内線で名古屋 空港バスで刈谷まで 長男が車で迎えに来てくれて家に着いたのは23時(日本時間)疲れた〜〜 後で計算したらこの日 ラスベガスのホテルを出てから家に着くまで約25時間でした さていつもの旅行は私と家内の二人旅です 今回は次男坊が一緒で久しぶりの親子旅でした
(写真は「蚊トンボ」失礼 ”Scenic Airlines”です)

ここでプレゼントクイズを差し上げます
今回の旅行で行きのサンフランシスコと帰りのロサンゼルスは皆さんご存知のカリフォルニア州です ではラスベガスはネバダ州ですね さてグランドキャニオンは何州になるのでしょうか?
回答と当社ホームページの感想をお書きの上(住所・氏名・年齢・性別を明記)Eメールにて応募してください 素敵なプレゼントを用意してお待ちしています
(締切ました)
サンフランシスコ編

トップ アイコン旅行記トップへもどる
直線上に配置