直線上に配置
旅行記 中国

さて やってきました北京の旅(8月)です
今回の見所は何と言っても“万里の長城”観光でしょう 宿泊ホテルは皆さん御存知の「北京大飯店」国賓級のお客様しか泊まれない・・・

到着直後は昼食でした いきなり四川料理の辛さの洗礼を受けることになりました 同行された方々は結構食べまくっておられましたが ちょっと苦手ですね 市内観光はお決まりの様にバスでグルグル行ったり来たり・・ 夕食の後はこの旅のハイライト なんと“中国雑技団”の鑑賞です とにかく驚きの連続です 素晴らしい技がいっぱいでした ひとことで感想を申しあげると『テレビで見るのと同じだ!』(笑)
さてさて 劇場を出るときお決まりの2・3名紛失 ガイドがオロオロしていました  この後お楽しみの(この「旅行記ベトナム編」をお読みの方はわかります)“足裏マッサージ”ベトナムで結構いい思いをしたので・・・今回も・・・殆ど同じフルコースでした(嬉)

翌日は早朝よりの観光です
御存知の“天安門広場”とにかく広い 街のど真ん中で凧揚げする人がいっぱいです 着いて気が付きました なぜ昨日のバスがグルグル回っていたのかが・・・その大きな広場をグルリと回る大きな道路 それは全て一方通行・駐車禁止  納得
天安門をくぐると そこは更に大きなスペース 大きな町がひとつ それが“紫禁城”ラストエンペラーで有名な所です 歩いて延々2時間以上掛かりました 別名“故宮博物院”です その建物や街全体が博物館なのですね 台湾の“故宮博物院”をイメージしていたのですが大きく期待はずれでした つまりたくさんの展示物を見たかったのですが そう言う博物館ではありませんでした

午後は待望のメインイベント“万里の長城”観光でした 遠く月面からでも見えると言われる 地球最大の建造物“万里の長城”ですとにかく素晴らしいですね デカイ(日本人のスケールではとても測れない) この日のためにと 足腰鍛えてやってきました 上り下りの急な石畳 半端じゃなかったです 集合場所に戻って買ったアイスキャンデーの美味しかった事
 さてさて夕食は“サソリ”も登場 北京料理のお店でした 中国は広いです 広すぎます 興味をお持ちの方は今回の様にとりあえず“北京”から始めて“上海”“桂林”など 順に訪れるのが良いのではないでしょうか  『ゆったりと!!』
(写真は“サソリ”を食べた“北京ダック”食べ放題のお店)

さてビックリ今回の“北京の旅”番外編
本編でも少しお話しました 皆さん御存知の映画“ラストエンペラー”の主人公『愛新覚羅 溥儀』の甥っ子 愛新覚羅 毓鶴氏にお目に掛かることが出来ました 現在皇位継承順位第一位 つまり世が世なら中国の天皇さまに当たる方です 彼(67歳)は日本の皇室は勿論 名だたる政治家(橋本・細川前首相田中真紀子氏)に或いはアメリカのクリントン前大統領)などなどに “書”を寄贈している中国の人間国宝です とても気さくな方で楽しく談笑することが出来ました
(写真は書“龍”をプレゼントにいただきました私と愛新覚羅氏・神わざ両手使い逆さ書き)
左の写真をクリックしてね。

編集後記
本年は“2月のベトナム”“7月のインド(シンガポール)”“8月の北京”と巡って参りました気付かれた方もあると思います これらの国(都市)は本年世界を震撼させた“SARS”に汚染された地域であります それでも人間はたくましいです そう言う人類の生き様を再確認するような旅行でもありました 本編で紹介しきれなかったこともたくさん御座います

御意見・御質問など御座いましたら何なりとお尋ねください さてさて 『久しぶりに先進国へ行きたいなァ』 と言う思いに駆られ 11月は3回目の“ハワイの旅”を予約してまいりました  また お話できる機会が御座いましたら 嬉しく思います

エム・トレード 代表 新實 睦政


トップ アイコン旅行記トップへもどる
直線上に配置