M.TRADE ホーム初めての方へメディア掲載歴お問い合わせカートを見る
手作り・癒し・健康 がテーマの世界の雑貨店
ICE珈琲の入れ方
1.グラスとフィルターを用意します。

まず始めにグラスに練乳をお好みの量入れます。

途中まではホットコーヒーと同じ為、画像を小さくしてあります。
2.グラスの上にフィルターをのせます。

中蓋を取り外してコーヒー豆を入れます。山盛り2杯が目安です。お好みで適量に調整してください。フィルターはアルミ・ステンレス・陶製の3種類ございます。
3.コーヒーの上から中蓋を軽くのせます。

ステンレスフィルターについてはねじ式になっておりますので強く締めすぎないようにしてください。アルミ製についてはロックする方式になっています。
4.初めに沸騰した湯を少量(10ml位)注ぎます。

コーヒー豆全体が湿り気を含む様に注ぐのがポイントです。
5.蓋をして約30秒蒸らします。ここが一
番のポイントです。

充分蒸らすことにより、独特の甘い香りを引き立たせます。
6.次は一気にお湯を注ぎます

お湯の量はフィルターの半分か7分目までお湯を一気に入れるのがポイントです。お湯を入れ過ぎるとコーヒーの味が薄くなってしまいますので注意してください。
7.蓋をしてコーヒーが全て落ちるを待ちます。

蓋を開ける時に独特の甘い香りをご堪能ください。蓋はフィルター置きに使います。
 
ゆっくりと一滴一滴ドリップしたので、練乳とコーヒーが混ざらずキレイな二層になります。ここまではホットコーヒーと同じです。
8.スプーンでかき混ぜて練乳とコーヒーを混ぜます。

練乳とコーヒーが混ざっていく様は、神秘的にすら思えます。
9.氷のたっぷり入ったグラスに一気に移します。
10.氷とコーヒーをかき混ぜて、美味しいベトナム・アイスミルクコーヒー(カフェ・スァ・ダー)の出来上がりです。

陶製タンブラーも御用意いたしております。
珈琲の入れ方に戻る
Copyright (c)M,TRADE ALL Rights Reserved